チータートーク ポケトークS

ポケトークSとチータートークの違いを比較!どっちの翻訳機がいい?

更新日:

この記事では自動翻訳機(音声翻訳機)のポケトークSと、チータートークの特徴と違いについて、徹底比較しています。それぞれ異なった特徴があるので、どちらがより自分に合った翻訳機なのか、検討に役立てていただければ幸いです。

▼ポケトークSの特徴・価格・下取りについて知りたい方はコチラ▼

ポケトークSの機能や下取りについて解説!カメラ翻訳が付いて便利!

ポケトークシリーズの最新機種ポケトークSは2019年12月6日(金)に発売。この記事ではポケトークSの気になる機能について徹底解説します。価格や下取りについての情報もついても解説しています。 ▼ポケト ...

続きを見る

ポケトークSの購入はコチラ

チータートークの購入はコチラ(Amazon)

チータートークの購入はコチラ(楽天)

 

ポケトークSとチータートークの特徴とそれぞれの違い

ポケトークSとチータートークの特徴について、まずは簡単な表で確認していきます。

名称 ポケトークS チータートーク
本体画像
対応言語 74言語(音声&テキスト:55言語、テキストのみ19言語) 32言語、42か国語
カメラ翻訳 ×
インターネット接続 必要 必要(要スマホ)
通信手段 Wi-Fi or SIMカード スマホを経由
価格 29,800円(税抜)(グローバル通信2年付き)
24,800円(税抜)(グローバル通信なし)
11,000円(税込)
販売サイト ポケトーク公式サイト Amazon  楽天市場

※価格は変更になっている場合があるので、その都度販売サイトでチェックされることをおすすめします。

 

ポケトークSとチータートークはこんな方におすすめ

ポケトークSとチータートークはそれぞれこんな方にお勧めです。

どちらがより自分に当てはまるかチェックしてみましょう。

ポケトークSはこんな方におすすめ

  • 対応言語はなるべく多い方がいい
  • カメラ翻訳(文字翻訳)を使いたい

 

チータートークはこんな方におすすめ

  • 翻訳機の購入費用をなるべく安く抑えたい
  • ボイスレコーダー機能を使いたい

 

ポケトークSの方が対応言語が多い

チータートークの対応言語は32言語なのに対し、ポケトークSの対応言語は74言語(音声&テキスト:55言語、テキストのみ:55言語)となっています。

外国人観光客の対応など、不特定多数の外国人が相手になる場合は対応言語が多い方が安心ですね。

 

ポケトークSとチータートークのデメリット

ポケトークSとチータートークのデメリットとしては以下のものが挙げられます。

購入前には念のためチェックしておきましょう。

ポケトークSのデメリット

  • 通信環境の無い所では使用できない
  • チータートークに比べると価格が高くなる
  • ボイスレコーダー機能はない

チータートークのデメリット

  • スマホに接続しないと使用できない
  • カメラ翻訳(文字翻訳)機能がない
  • 対応言語数がやや少なめ

 

ポケトークSにはボイスレコーダー機能はない

チータートークにあって、ポケトークSにはない機能としてボイスレコーダー機能が挙げられます。

ボイスレコーダー機能を使いたい方はチータートークを選択しましょう。

 

ポケトークSもチータートークも通信環境が必要

ポケトークSとチータートーク、どちらにも共通することですが、翻訳機を使用するにはインターネット環境が必要となります。

つまり、オフライン翻訳には対応していません。

 

チータートークは他の翻訳機と違い、スマホを介して通信する点に特徴があります。

チータートーク単体で使用するものではないので、その点は注意が必要です。

その分、本体価格は比較的安くなっており、価格面では魅力があります。

 

ポケトークSはチータートークより価格が高いが性能も高い

ポケトークSはチータートークに比べると、価格が高くなっています。

しかし、ポケトークSはチータートークにはない対応言語の多さ、カメラ翻訳機能があり、性能に差があります。

したがって、その分価格差があるのは仕方のないことですね。

 

カメラ翻訳があれば、レストランのメニューや街中の看板、注意書きなどが読めるようになるので便利です。

カメラ翻訳があった方が安心という方は、ポケトークSの方を選びましょう。

ポケトークSの購入はコチラ

チータートークの購入はコチラ(Amazon)

チータートークの購入はコチラ(楽天)

 

個人的はおすすめはポケトークS

個人的におすすめなのはポケトークSです。

カメラ翻訳があれば、何語かわからなくても自動認識で文字が読めるようになるので、何かと便利です。

音声入力では長すぎて面倒な文章も、カメラで一度撮れば一気に翻訳することができます。

ポケトークSのカメラ翻訳は55言語対応で、対応言語も多いです。

 

また、SIMが付いているのに、2年間使い放題というのは他の翻訳機ではなかなかないです。

せっかく購入したのであれば、通信容量を気にしてチマチマ使うより、徹底的に使い倒したいですよね。

語学学習にもガンガン利用することができますよ。

 

ポケトークSについて興味のある方はこちらの関連記事をご参照ください。

ポケトークSの機能や下取りについて解説!カメラ翻訳が付いて便利!

ポケトークシリーズの最新機種ポケトークSは2019年12月6日(金)に発売。この記事ではポケトークSの気になる機能について徹底解説します。価格や下取りについての情報もついても解説しています。 ▼ポケト ...

続きを見る

 

ポケトークSとチータートークの比較まとめ

ポケトークSとチータートークを比較してみました。

両者は価格差はありますが、対応言語数やカメラ翻訳の有無など機能差があるため、仕方のないことかもしれません。

どちらが良いかは、使用したい言語が対応になっているか、使いたい機能が備わっているかによって、変わってくると思います。

ポケトークSの購入はコチラ

チータートークの購入はコチラ(Amazon)

チータートークの購入はコチラ(楽天)

-チータートーク, ポケトークS
-,

Copyright© 自動翻訳機(音声翻訳機)おすすめランキング【2020年最新版】 , 2020 All Rights Reserved.