ポケトークS ポケトークW

ポケトークSとポケトークWの違いは?新型・旧型を徹底比較!

更新日:

2019年12月6日に新発売のポケトークS。その旧型にあたるポケトークWとはどのような点に違いがあるのでしょうか。両者を比較し、その違いを調べてみました。

\ ポケトークの購入・レンタルはコチラ/

ポケトーク公式サイト

自動翻訳機シェアNo.1、音声&テキスト:55言語対応、テキストのみ:20言語対応

 

ポケトークSとポケトークWの比較

ポケトークSとポケトークWの違いについて、まずは簡単な比較表にしてみました。

名称 ポケトークS(新型) ポケトークW(旧型)
本体画像
発売日 2019年12月6日 2018年9月7日
本体サイズ 53.8mm×11.5mm×91.6mm 59.8mm×15.8mm×110mm
ディスプレイ 2.8インチ(解像度640×480px) 2.4インチ(解像度320×240px)
重量 75g 100g
対応言語 74言語 74言語
インターネット接続 必要 必要
カメラ翻訳 ×
バッテリー 1200mAh
リチウムイオン電池
2200mAh
リチウムイオン電池
連続待受時間 約60時間 約240時間
連続翻訳時間 約270分 約420分
価格 29,800円(税抜)(グローバル通信2年付き)

24,800円(税抜) (グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

19,800円(税抜)(グローバル通信2年付き)

18,000円(税抜)(グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

販売サイト ポケトーク公式サイト ポケトーク公式サイト

 

ポケトークS(新型)とポケトークW(旧型)の違い

ポケトークSとポケトークWのとの違いを箇条書きでまとめてみると以下の点が挙げられます。

ポケトークSとポケトークWの違い

  • 本体サイズは小さく、画面サイズは大きくなった
  • カメラ翻訳機能が追加された(55言語対応)
  • 英会話学習機能、現地単位変換機能など、その他便利な機能が追加された
  • ポケトークWが大幅値下げで買いやすくなった
  • バッテリー容量はポケトークWの方が大きい

 

以下、順番に見て行きます。

本体サイズは小さく、画面サイズは大きくなった

引用:ポケトーク公式サイト

 

ポケトークWでは丸みを帯びた形が印象的でしたが、ポケトークSでは名刺サイズの四角い形となっています。

ポケトークSは幅、厚み、高さのいずれもサイズダウンして、よりコンパクトになっています。

しかし、画面サイズは2.4インチから2.8インチに拡大しており、画面サイズはより大きくなって見やすくなりました。

 

重量も25gほど軽くなっています。

 

カメラ翻訳機能

ポケトークSでは、カメラ翻訳機能が追加されました。

これは大きな変更点ですね!

ポケトークWではカメラ翻訳(文字翻訳)機能はなかったので、ちょっと物足りない所があったのですが、これで文句なしの翻訳機になったという感じです。

 

ポケトークSのカメラ翻訳機能は、文字をカメラで撮影すると、言語を自動的に認識し、目的の言語に翻訳してくれます。

複数の言語が併記されていても、それぞれの言語として認識して翻訳くれるスグレモノ。

これでレストランのメニューや街中の看板の文字も読み取れて安心ですね。

 

対応言語はなんと55言語!

Mayumi3(13言語対応)やKAZUNA eTalk5(8言語)をはるかに上回る言語数です。

カメラ翻訳の使い方

①カメラを起動し、本体のトークボタンを押して撮影。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

②翻訳したい範囲にトリミングして、ボタンをタップ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

③翻訳結果が撮影した画像の上に表示されます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

④翻訳結果をタップすると、翻訳結果と原文をテキストで表示します。
画面下の▶ボタンをタップすると、翻訳元の言語で発音します。

引用:ポケトーク公式サイト

 

AI英会話レッスン機能

ポケトークを学習用に利用する人向けに、英会話の練習機能が追加されました。

相手の質問に英語で答えると、AIが内容にあった答えを返します。

旅行を中心にした6つのシーン、36のレッスンでリアルな会話練習ができます。

 

現地の単位を換算できる機能

ポケトークSでは、現地の単位を換算する機能が追加されました。

現地の単位というのは、為替だけでなく長さ、重さ、温度についても簡単に換算できます。

為替なら、円、ドル、ポンド、元、ペソなど150種類の通貨を双方向に換算可能。

ポケトークSの画面右上のアイコンをタップすると、今いる地域で使われている通貨や単位に自動で切り替わります。

 

海外に行って見慣れない単位を見かけると、ふと日本の単位だといくらになるんだろう…と気になるもの。

そんな時にパッと調べられるのは便利ですね。

 

現地の時間を自動表示

新しく搭載されたロック画面には、自動で現地時間と前にいた国(地域)の時間を表示します。

 

使う楽しさを高めるメダル機能

訪問国や翻訳回数、翻訳した言語数、Wi-Fi接続実績、アップデータ実績などが自動的に記録され、それぞれ達成度に応じて メダルを表示します。

訪問した国はマップにも表示されます。

せっかく購入したポケトークを継続して使っていく工夫があっていいですね。

特に語学学習用に使っている人に良さそうな機能です。

 

定型文の登録機能

POCKETALKセンター上で、任意の定型文(原文と訳文)を登録し、その定型文を使いたい端末を指定すると、端末側の定型文メニューに表示されるようになりました。

定型文の翻訳には、ポケトークの翻訳機能が利用できるほか手動での修正、入力も可能。

企業名などを正しく発音させたい場合や業界用語を多く使用する人にとって、ありがたい機能になりそうですね。

 

ポケトークSの登場とともにポケトークWは大幅値下げ!

引用:ポケトーク公式サイト

ポケトークSの価格は以下の通り。

グローバル通信付きモデルと、グローバル通信なしモデルの2種類があります。

ポケトークSの価格

  • 29,800円(税抜) (グローバル通信2年付き)
  • 24,800円(税抜) (グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

 

従来、ポケトークWの価格は、

  • 29,880円(税抜)(グローバル通信2年付き)
  • 24,880円(税抜) (グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

だったので、一瞬「あれ、ポケトークWとほぼ同じ値段……?」と思いましたが、違いました。

 

ポケトークS登場後のポケトークWの価格は、以下の通りです。

ポケトークWの価格

  • 19,800円(税抜) (グローバル通信2年付き)
  • 18,000円(税抜) (グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

グローバル通信付きモデルに至っては、約1万円の大幅値下げです。

これはお得感がすごい。

 

後でも書きますが、翻訳性能については、ポケトークSとポケトークWに違いはありません。

カメラ翻訳機能は不要という方は、ポケトークSでなく、ポケトークWを選んでも問題ないと思います。

 

バッテリー重視ならポケトークWの方がいいかも

本体サイズがコンパクトになったせいか、よく見るとバッテリーの容量がポケトークSになって小さくなっています。

上記の表の通り、ポケトークSの方が、連続待受時間も連続翻訳時間も短く、バッテリーの持ちが悪いという状態になっています。

バッテリーの持ちを重視するのであれば、旧型のポケトークWの方がおすすめです。

\ ポケトークの購入・レンタルはコチラ/

ポケトーク公式サイト

自動翻訳機シェアNo.1、音声&テキスト:55言語対応、テキストのみ:20言語対応

 

ポケトークS(新型)とポケトークW(旧型)の共通点

ポケトークSとポケトークWの共通点については以下の通り。

ポケトークSとポケトークWの共通点

  • 対応言語、翻訳性能は同じ
  • グローバル通信付きモデルは通信料なしで2年間使い放題

 

こちらもひとつずつ見ていきます。

対応言語、翻訳性能は同じ

ポケトークSも、ポケトークWも音声&テキスト:55言語対応、テキストのみ:20言語対応。

55言語では音声とテキストに、19言語ではテキストに翻訳します。

>>ポケトークの対応言語一覧はコチラ(ポケトーク公式サイト)

 

どちらもインターネット上のAIを使って翻訳するので翻訳性能は同じです。

 

グローバル通信付きモデルは通信料なしで2年間使い放題

グローバル通信付きモデルは通信料なしで2年間使い放題というのも共通しています。

内蔵グローバルSIMは2019年11月現在で133の国と地域で使えるようになっています。

 

グローバル通信付きなのに、いくら使っても通信料がかからないというのは、他の翻訳機にはないサービスなのでこれが維持されてありがたいですね。

ポケトークSは、カメラ翻訳機能が付いて機能面でも申し分ないですし、正直これ以上使いやすい翻訳機はないと思います。

 

ポケトークSとポケトークWの価格をおさらい

価格については上記でも解説しましたが、まとめとして改めて表にしてみました。

  ポケトークS(新型) ポケトークW(旧型)
本体画像
価格 29,800円(税抜)(グローバル通信2年付き)

24,800円(税抜) (グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

19,800円(税抜)(グローバル通信2年付き)

18,000円(税抜)(グローバル通信なし、Wi-fi環境必要)

販売サイト ポケトーク公式サイト ポケトーク公式サイト

ポケトークSはポケトークシリーズとしては、3代目。

ポケトークSが最新機種になったとしても、ポケトークWとは翻訳性能が変わらないので、ポケトークWの方も廉価版としてしばらく販売され続けるのではないかと予想します。

 

とはいえ、カメラ翻訳機能が追加されたポケトークSは魅力的ですね。

カメラ翻訳機能の対応言語も55言語とかなり多いので、あればかなり便利なのではないでしょうか。

旧型のポケトークを持っている方や、他の翻訳機をお持ちの方は以下で紹介する下取りサービスについても、チェックしてみてください。

\ ポケトークSの購入・レンタルはコチラ/

ポケトーク公式サイト

自動翻訳機シェアNo.1、音声&テキスト:55言語対応、テキストのみ:20言語対応

 

翻訳機下取りサービスについて

引用:ポケトーク公式サイト

ポケトークの買い替え応援サービスとして最大5000円キャッシュバックの翻訳機下取りサービスの実施が予定されています。

詳細についてはポケトーク公式サイトで確認することができます。

 

実施期間

  • ポケトークS購入対象期間 : 2019年11月7日(木)~ 2020年3月31日(火)まで
  • 応募期間 :2019年12月6日(金)~ 2020年4月30日(木)申込みまで有効

購入対象期間と応募期間は時期がずれているので注意が必要です。

 

応募方法・手順

  1. ポケトークSを購入する
  2. 商品到着後、デジタルリユース社のページから申し込み
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. POCKETALK Sのレシートまたは納品書などをアップロード
  5. ヤマト運輸による旧翻訳機の引き取り
  6. デジタルリユース社から入金

対象機種一覧

  • Langie LT-52
  • Langie RW115
  • Langie S2
  • Mayumi 1 MU-001-01
  • Mayumi 2 MU-001-02
  • Mayumi 3 MU-001-03
  • 富士通 arrows hello AT01
  • DMM FreeTalk H01W
  • トライアングルズ MAGICSAY
  • ビザイア RADITALK
  • Birgus T2s
  • Langogo AI
  • ex-impries Easy Talk
  • ez:commu TR-E18-01
  • dokodemoTALK DDM-01T
 

  • GKG GKG-FY
  • Hikaru
  • ili LM11JA002A
  • MESAY 2.0
  • PERARK TR-P18-01
  • UNITE RM-73SK
  • Say Easy VT300L
  • SpeakMe TW30A
  • TKAZUNA eTalk 5
  • Two Bow MW-00041
  • TUGE830 AI air
  • xiaomi MY001CN
  • Yikoo T8
  • Youdao Egg

\ ポケトークの購入・レンタルはコチラ/

ポケトーク公式サイト

自動翻訳機シェアNo.1、音声&テキスト:55言語対応、テキストのみ:20言語対応

 

ポケトークS(新型)とポケトークW(旧型)の違いまとめ

様々な機能が追加されてパワーアップしたポケトークS。

大幅値下げでより買いやすくなったポケトークW。

どちらも良いところがあるので、どちらを購入しようか迷ってしまうかもしれませんね。

ポケトークSについては、ドラえもんデザインの「ポケトークSドラえもんEdition」があるので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

ポケトークSドラえもんEditionの特徴!ビックカメラ、ヨドバシ、楽天でも売ってる?

2019年12月6日(金)に発売のポケトークSですが、これに合わせてドラえもんデザインの「ポケトークSドラえもんEdition」が登場しました。通常のポケトークSとはどのような違いがあるのでしょうか。 ...

続きを見る

-ポケトークS, ポケトークW
-,

Copyright© 自動翻訳機(音声翻訳機)おすすめランキング【2020年最新版】 , 2020 All Rights Reserved.